アフターピル処方

メディアージュクリニック青山

表参道駅B2出口2分/渋谷駅宮益坂口10分

アフターピル・緊急避妊アフターピル・緊急避妊
避妊に失敗した時のホルモン避妊薬です 性交後72時間以内に服用してくい。避妊に失敗した時のホルモン避妊薬です 性交後72時間以内に服用してくい。

アフターピルって?

アフターピル/緊急避妊薬は、避妊に失敗した時に服用することでその後の妊娠を防ぐホルモン避妊薬です。
妊娠に失敗したと思われる時や不安な場合に、ご相談ください。

いつ飲めばいいの?

アフターピル/緊急避妊薬は、性交後72時間以内に服用してください。なるべく早く服用する方が、緊急避妊効果は高くなりますので、可能であれば24時間以内にご来院ください。

アフターピルの選び方

当院では、2種類のアフターピル/緊急避妊薬をご用意しています。アフターピルの値段や服用回数、副作用の有無、性交渉の時期などに合わせてお選びいただけます。

新アフターピル

従来アフターピル[ヤツペ法]

初診の方は初診料2,000円がかかります。

アフターピルの作用について

モーニングアフターピル/緊急避妊薬は、避妊に失敗した際にやむを得ず緊急避妊を行うためのピル(女性ホルモン剤)です。女性の体に負担のかからない確実な避妊法である低用量ピルを服用して避妊することが一般的ですが、避妊に失敗したと思われる時や不安な時の最終手段がモーニングアフターピル/緊急避妊薬です。

モーニングアフターピル/緊急避妊薬は、多量の女性ホルモン剤を摂取し、強制的に体を妊娠しない状態にします。アフターピルは、受精卵の子宮内膜への着床を防ぎ、排卵を遅らせるなどして、妊娠を回避させます。

排卵前に内服された時は排卵を遅らせることで妊娠を防ぎ、排卵後では、子宮内膜への着床をしにくくすることで妊娠を防ぎます。この他、精子の侵入阻害や受精阻害、たまごの輸送阻害などによる効果も考えられています。

アフターピル比較

日本で多く使われているアフターピルは2種類あります。
「ヤツペ法」と呼ばれるプラノバールを使用した従来のアフターピルと、2011年5月から適応になった「新型のアフターピル」です。
どちらも医師の処方に従って正しく服用すれば、高い効果が見込まれます。

新アフターピル 従来アフターピル
(ヤツペ法)
服用方法
1回服用
72時間以内に1錠服用
2回服用
72時間以内に2錠

12時間後に2錠
副作用
吐き気や嘔吐などがほとんどない 吐き気や嘔吐などが生じる場合がある。
予め吐き気止めを一緒に処方しています。吐き気止めを併用することで、吐き気や嘔吐などの副作用は気にならなくなる方がほとんどです。
妊娠阻止率
81%(国内) 57%
妊娠率
1.1% 3.2%
費 用
18,000円
※別途、初診料2,000円
10,000円
※別途、初診料2,000円
オススメ対象
排卵日付近での性交の方
副作用が心配な方
より確実な緊急避妊効果をご希望の方
費用を低く抑えたい方

(妊娠阻止率)
排卵日(危険日)付近での性交での妊娠を防ぐ率
(妊娠率)
月経周期を全く考慮せず、緊急避妊薬の服用後に妊娠してしまう率

表示価格は税抜き価格です
初診の方は初診料2,000円がかかります。

注意事項

アフターピルは薬局で買えません

アフターピル(緊急避妊薬)は日本国内では、風邪薬のように手軽にドラッグストアなどで購入することはできません。このため、万が一避妊に失敗してしまった場合には、できるだけ早くクリニックを受診する必要があります。

初めての来院で不安な方へ

心配されなくても大丈夫です。
「アフターピルで受診したい」とクリニックにお電話をいただければ、可能な限り早いお時間で診察のご予約をお取りします。
お1人でのご来院はもちろん、1人では不安という方はパートナーと一緒に来院されてもかまいません。

Q&AQ&A

未成年ですが、アフターピルを処方してもらえますか?
もちろん大丈夫です。保護者の方の同意書や同伴は必要ありません。
アフターピルとは何ですか?
モーニングアフターピルは避妊に失敗した際に、やむを得ず緊急避妊を行うためのピルです。
多量の女性ホルモン剤を摂取し、強制的に体を妊娠しない状態にします。アフターピルは、受精卵の子宮内膜への着床を防ぎ、排卵を遅延させるなどして、妊娠を回避させます。
日本で多く使われているアフターピルは2種類あります。どちらも医師の処方に従って正しく服用すれば、高い効果が見込まれます。
アフターピルはいつまでに飲めばいいですか?
性交後72時間以内に服用する必要があります。なるべく早く服用する方が、緊急避妊効果は高くなります。できるだけ24時間以内に速やかに来院してください。
予約は必要ですか?
患者様をお待たせせず、快適な診療をお受けいただくため、予約診療制をとらせていただいております。
当日・前日のご予約は、お電話にてお申込みください。(フリーダイヤル:0120-017-768)
副作用が心配です。
アフターピルには、2回服用する従来のヤツペ法と、1回服用する新型のアフターピルの2種類あります。
ヤツペ法では、吐き気や嘔吐などが生じる場合があります。当院では予め吐き気止めを一緒に処方しており、吐き気止めを併用することでこれらの副作用は気にならなくなる方がほとんどです。
それでも副作用が心配な方は、吐き気や嘔吐などがほとんどない新アフターピルがお勧めです
アフターピルを服用して、吐いてしまったら
どうしたらいいですか?
服用してから2時間以上経過していれば、吸収されていますので問題ありません。2時間以内に嘔吐した場合は、同量のピルを再度服用することが必要となります。
アフターピルを服用した後の生理は大丈夫ですか?
薬を内服後、早ければ3~4日で消退出血がきますが、月経予定日まで出血がない場合もあります。予定通りの月経が来ても、その出血が妊娠初期の不正出血である可能性は否定できません。
次の生理が来るまでは、コンドームを使うなどして避妊することが必要です。予定された生理よりも出血が1週間以上遅れるようでしたら、産婦人科を受診してください。

医師紹介

理事長富島 隆裕

経 歴

1996年
愛媛大学医学部卒業
1996年
大阪大学脳神経外科医局入局
2005年
大阪大学医学部脳神経外科
同大学院博士課程を修了
美容クリニックにて院長、総院長を経て現職

資 格
日本抗加齢医学会認定専門医
日本脳神経外科学会認定専門医
サーマクール認定医

所属学会
日本抗加齢医学会、日本臨床抗加齢医学会
日本美容外科学会、日本美容皮膚科学会
日本レーザー学会、日本脳神経外科学会

青山院

〒150−0001
東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F

[診療時間]
11:00~20:00
[休診日]
な し

[ご予約・ご相談] 0120-017-768
[海外からのお問い合わせ] 03-5464-6110

東京メトロ 表参道駅B2出口より徒歩2分
渋谷駅宮益坂口より徒歩10分