クリニックのご案内

東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F
・表参道駅より徒歩2分
・渋谷駅より徒歩10分

0120-017-768
0120-017-768

(11:00~20:00/年中無休)

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンCとは

2005年、アメリカの公的機関・国立衛生研究所(NIH)の科学者が、『高濃度ビタミンC点滴は、ガン細胞に対してだけ選択的に毒性として働く』と発表。副作用がなく、抗ウィルス、ガン予防・抗ガン、全身の若返りなどの作用が認められ、2006年よりアメリカで急速に広まった注目の治療法です。


高濃度ビタミンC点滴は、サプリメントや内服薬では絶対に摂ることのできない大量のビタミンCを、血液中に直接投与することで血中濃度を急激に上げ、ガンのみならず、美肌・美白、エイジマネジメントなどの美容効果、疾患予防・改善、身体機能の改善に飛躍的な効果を得ることができます。

高濃度ビタミンCの作用

  • シミ・美白
    • 細胞活性化作用
    • チロシナーゼの生成と活性を阻害してシミを予防する
    • メラニンの生成を抑制してシミを予防し薄くする
    • 黒色メラニンを無色の還元型メラニンへと変化させて、シミを薄くする
  • コラーゲンを増やす
    • コラーゲン合成の必須成分
    • 肌のハリ・キメ・ツヤを改善する
    • 開いた毛穴を引き締める
    • 軟膏の新陳代謝を活発にして、股やひざ肩の関節痛の予防・改善する
  • 免疫機能の増強
    • 活性酸素を除去する
    • 白血球やマクロファージの機能を高めて免疫機能を増強する
    • 抗ガン活性を有するインターフェロンの産生を促す
  • エネルギーUP
    • カルニチンの代謝を促して脂肪を燃焼しエネルギーをつくり出す
    • 副腎に働きかけ、副腎皮質ホルモンを作ってエネルギーを増大させる
    • 高いストレス抑制効果
    • 過剰のコレステロールを胆汁酸に変えて体外に排出する
    • 血中脂質の酸化を抑え、動脈硬化を予防・改善する
  • 鉄の吸収、アレルギー抑制
    • 鉄の吸収を助ける
    • ステロイドホルモンを生成し、ヒスタミン遊離を抑制。アレルギー反応を抑える
  • 解毒・排毒作用
    • 肝臓での酵素の働きを活性化し体に害を及ぼす重金属や化学物質を解毒する(キレート効果)
    • アルコールが代謝されてできるアセトアルデヒドをすばやく解毒する
    • 役目を果たした抗ガン剤を、速やかに体外へ排出するのを助ける
  • 活性酸素を抑える
    • 血清濃度が低い間は活性酸素を抑え抗ガン剤の副作用を抑えて、主作用を強める
    • 活性酸素を除去し、新陳代謝を高めてくすみを改善する
    • シミやシワ、たるみなどの肌トラブルを防いで美しい肌をつくる
    • 白髪や薄毛を改善する

心身の不調、環境放射線被ばくによる健康被害を防ぎます

震災以降、不安や気分の落ち込み、不眠からくる心身の疲れなど、不調を抱えている方も多いと思います。
ビタミンCは高濃度で点滴することにより抗不安作用、安眠効果が期待できます。
また、強力な抗酸化物質として放射線による内外被ばくの障害を強力に防ぐことが知られており、国内外の学会で多数発表されています。
放射線被ばくの予防には、高濃度ビタミンC点滴25,000mg(25g)が推奨されています。

高濃度ビタミンCの歴史

ライナス・C・ポーリング博士は、量子化学者および生化学者として名を馳せた博士で、アインシュタイン博士の盟友としても知られています。20世紀における最も重要な化学者として広く認められており、ノーベル賞を単独で2回受賞(1954年に化学賞、1962年に平和賞)した数少ない人物でもあります。

 

まだ現在ほどビタミンなどの栄養学が重視されていなかった時代に、大量のビタミンCや他の栄養素を摂取する健康法を提唱。ビタミンCとガンとの関係にいち早く着目し、超高濃度ビタミンC療法を確立した人物です。

 

ライナス・C・ポーリング博士は1960年代後半からビタミンCの研究を始め、1日数十グラムのビタミンCを摂取すると風邪やガンを予防できると考え、キャメロン博士と共にビタミンCを静脈内に投与することでガン患者の生存率が延長することを学会に発表しました。

 

これに対し、アメリカの医療機関の中でも権威のあるメイヨー医科大学がビタミンCの抗ガン作用はないとボーリング博士の説を否定。これにより以後30年間、ボーリング博士の超高濃度ビタミンC療法は世間から忘れ去られることとなりました。

 

メイヨー医科大学で効果が得られなかった理由。それは、ポーリング博士とキャメロン博士の研究は静脈投与であったのに対し、メイヨー医科大学では経口投与していたため、必要とされる有効血中濃度に到達できず、ガン患者の延命に変化はないとされたのです。

 

1994年にポーリング博士が93歳でこの世を去った後、ポーリング博士の説を信じた米国カンザス州のリオルダン医師が、2004年にビタミンCの経口投与ではガン細胞を殺すのに十分な血中濃度まで上昇させることができないという論文を発表しました。

 

2004年頃から、アメリカ国立衛生研究所(NIH)・国立癌研究所(NCI)・米国食品医薬品局(FDA)の科学者たちによるビタミンCの薬理動態の研究が始まり、2005年に学会誌「PNAS」に高濃度のビタミンCが過酸化水素(H2O2)を運ぶプロドラッグとして選択的にガン細胞を殺傷することを発表。ポーリング博士が約30年前に唱えた「ビタミンCは選択的にガン細胞を殺す」との理論が正しいという結論が発表されたのです。

 

これに続き、2005年カンサス大学では、卵巣ガンや子宮ガンに対し高濃度ビタミンCの投与経験を発表。2007年マギル大学では高濃度ビタミンC点滴療法がガンに有効だった症例を発表。2008年トーマス・ジェファーソン大学では悪性リンパ腫への高濃度ビタミンC点滴療法の効果を発表しました。

 

現在アメリカでは約1万人、日本では約100人の医師が「超高濃度ビタミンC点滴療法」を行っています。アメリカでは非常に歴史の古い治療法ですが、日本ではまだまだ新しい最先端のガン治療のひとつです。

G6PD検査について

赤血球膜G6PD活性を測定する検査で、G6PD活性が低下している方に高濃度のビタミンCを血中に投与すると、重症の急性溶血性貧血発作を起こす危険があるため、米国では25gを越えるビタミンC点滴療法を行う場合には必ずこの検査を行っています。
G6PD異常症はX染色体により遺伝する家族性溶血性貧血で、アフリカ黒人を中心に世界で数億人いると推測されていますが、日本人における割合はわずか0.01%ですのでほとんど心配ありません。
当院では患者様の安全を第一に考え、20g以上の場合は、初回に検査をお受けいただいております。

ご予約・ご相談はお気軽にどうぞ。

メディアージュクリニック青山 0120-017-768

(診療時間)11:00〜20:00 (休診日)年中無休

メールでのご相談・お問い合わせ ホームページからのご予約申込
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F
[アクセス] 東京メトロ表参道駅より徒歩2分 / 渋谷駅より徒歩10分
青山通り沿い・青山学院大学向かい 1Fはスイーツショップ「ピエール・エルメ」