クリニックのご案内

東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F
・表参道駅より徒歩2分
・渋谷駅より徒歩10分

0120-017-768
0120-017-768

(11:00~20:00/年中無休)

毛穴の黒ずみ・開き・たるみ

トップ >お悩み解説(毛穴の黒ずみ・開き・たるみ)

毛穴とは

毛穴は医学的には「毛包」といい、皮膚が落ち込んでできたくぼみのことをいいます。人の顔には、1cm四方の中に約20コの毛穴があり、顔全体では約20万コもの毛穴があります。中でもTゾーンは毛穴の数が他の部位の約7倍もあり、この影響で「乾燥肌なのにTゾーンだけベタつく」ということが起きてきます。

毛穴が目立つ人、目立たない人がいますが、これは毛穴の多い少ないということではありません。

毛穴は、加齢によるたるみ、ストレスによる自律神経の乱れ、不規則な生活や睡眠不足、食生活の偏りなどが原因で目立つようになります。丁寧な洗顔やスキンケアといった日頃のお手入れだけでは、開いてしまった毛穴や黒ずみを解決するのはなかなか難しく、男女を問わず真剣に悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

毛穴の奥には皮脂を分泌する皮脂腺があります。毛穴の中は絶えず皮脂がたまった状態で、皮脂の分泌が過剰だと詰まりやすくなります。顔の毛穴の大きさは男性ホルモンの量で決まります。男性ホルモンが多いと皮脂腺が発達して皮脂の分泌量が増えます。皮脂腺が大きくなるほど毛穴が目立つ肌になります。男性ホルモンの量は遺伝によるものが大きく、毛穴の大きさも生まれる前から遺伝によってほぼ決まっています。皮脂腺がもっとも発育しているのは頭で、その次が顔になります。体の毛穴は気にならないのに顔の毛穴は目立つというのはこのためなのです。

毛穴とは

年齢による毛穴の大きさ・トラブルの変化

皮脂量は年齢によって変化します。男性ホルモンや黄体ホルモンという女性ホルモンなどの性ホルモンに影響されるため、加齢による性ホルモンの減少と皮脂量の減少は基本的に比例します。性ホルモンの分泌が増加する思春期頃から、皮脂の分泌が急激に増加し、10代後半〜20代前半をピークに緩やかに減少していきます。

20代は皮脂分泌が盛んで、きちんとケアしていないと、増加する皮脂にって毛穴がどんどん大きく開いてしまいます。また、毛穴に詰まった皮脂や角質、老廃物が酸化して〈黒ずみ毛穴〉やニキビの原因となります。

30代は皮脂分泌量はほんの少し減少します。しかし、加齢等によって肌が乾燥することで、毛穴のまわりの肌細胞が萎縮して毛穴は益々目立つことになってしまいます。ハリと弾力が低下した肌細胞は、だんだん垂れ下がっていき〈たるみ毛穴〉になっていきます。

40代からは年齢的には皮脂の分泌量が減少していきますが、肌のターンオーバーが低下して古い角質が停滞することで〈毛穴の詰まり〉が生じ、さらに皮膚のハリの低下に伴う〈たるみ毛穴〉などと重なって、毛穴トラブルが深刻化してくる年代ともいえます。

年齢による皮脂量の変化

毛穴トラブルの種類

毛穴が目立つのは、簡単に言ってしまうと毛穴が開きっぱなしになっているからです。毛穴は普段は閉じていて皮脂分泌などの必要な時だけ開くものですが、これが正常に行われなくなると常に毛穴が開いた状態に。すると皮脂が分泌され続けたり汚れが付着して毛穴を塞ぎ、余計に毛穴を押し広げてしまいます。

毛穴の開き

毛穴の開き

毛穴が目立つのは、簡単に言ってしまうと毛穴が開きっぱなしになっているからです。毛穴は普段は閉じていて皮脂分泌などの必要な時だけ開くものですが、これが正常に行われなくなると常に毛穴が開いた状態に。すると皮脂が分泌され続けたり汚れが付着して毛穴を塞ぎ、余計に毛穴を押し広げてしまいます。

毛穴の黒ずみ・詰まり

毛穴の黒ずみ・詰まり

皮脂の分泌が過剰なために、皮脂や汚れが詰まり、それが酸化して黒ずんでしまいます。放置すると毛穴が膨らんだり、更なる毛穴の開きに繋がります。

毛穴のたるみ

毛穴のたるみ

加齢によりコラーゲン・エラスチンを作るスピードが落ちることで、真皮の柔軟性や弾力が失われてたるみができ、毛穴が縦長に開いてしまった状態です。

毛穴トラブルの原因

皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌

皮脂は皮脂膜により水分の蒸発を防ぎ、外的刺激から皮膚を守って細菌の侵入を防ぎ、免疫力を高める働きをしています。 しかし、過剰に分泌すると古い角質と混ざって毛穴に詰まり、毛穴を押し広げてしまうことがあります。ストレスを感じると男性ホルモンが刺激され、皮脂の過剰分泌に繋がります。あぶらとり紙などでの皮脂の取り過ぎも、かえって皮脂を増加させてしまいます。また、肌の乾燥も皮脂を必要以上に分泌させることになり、皮脂が酸化して黒ずんでしまうことにも繋がります。脂肪分の多いものや糖類の取り過ぎも、皮脂の過剰な分泌を招くことになります。

角栓の詰まり

角栓の詰まり

健康な肌はターンオーバーが正常に行われ、28日周期で皮膚が新しく再生され、古い角質や皮脂、汚れは剥がれ落ちていきます。しかし、ストレスなどによってホルモンバランスが乱れると、ターンオーバーが遅れて古い角質が厚く硬くなって毛穴に溜まり、塞がった毛穴に皮脂が溜まって毛穴を詰まらせて角栓ができます。角栓をそのままにしておくと毛穴の開きの原因となります。角栓を取り除き、ターンオーバーを正常に戻す治療が効果的です。

肌のたるみ

肌のたるみ

加齢による皮膚を支えるコラーゲンが減少すると、肌にハリがなくなり重力で引っ張られて毛穴が開いて見える縦長の楕円形の〈帯状毛穴〉となります。小鼻の脇や頬などによく目立ちます。コラーゲンを増生し、ハリを取り戻すことで毛穴のたるみ、開きは解消されます。

毛穴トラブルの治療方法

上記治療と組み合わせて行うとさらに効果的です。

内服薬、サプリメント

内服薬、サプリメント

シミの原因となるメラニンを抑え、できてしまったシミを薄くする「ビタミンC」「Lシステイン」。さらには、高い抗酸化作用のをもつ「プラセンタ」「ピクノジェノール」「αリポ酸」も、シミを薄くし、シミができにくいお肌をつくります。色素沈着の原因となる炎症には「トラネキサム酸」が効果的です。シミに効果を発揮する成分が常に体の中に十分量ある状態にしておくことが大切です。

メディアージュクリニック青山院

0120-656-668

診療時間/11:00〜20:00〈完全予約制〉 
休診日/なし
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5−51−8ラ・ポルト青山7F

拡大地図を表示

アクセス
東京メトロ表参道駅B2出口より徒歩2分
渋谷駅宮益坂口より徒歩10分

ご相談・ご予約は、こちらから承っております。11時〜20時まで、土・日・祝日も診療しています【休診日なし】

  • LINEで予約・相談LINEで予約・相談
  • 電話で予約・相談0120-656-668電話で予約・相談0120-656-668
  • WEBで予約・相談WEBで予約・相談